« 2012年11月 | メイン | 2013年12月 »

2013年7月

2013年7月 7日 (日)

淡路島サブカルチャー1

サブカルチャー? 何?って思ったことでしょうが、

『淡路島七福神巡り』のことです。

今年一回目はこちらでスタートです。

そして、七箇所ありますので、二回に分けます。


まず、一番始めに訪れたのは大黒天の八浄寺です。

大黒さんは裕福の神ということもあってか、七つのお寺の中では、

ここが一番大きいお寺になります。


また、淡路島の一番北にあり、ここをスタートに巡る人も多いことからなのか、

七福神の事務局もこちらにあります。


七福神巡りはどのお寺からでもスタート出来、それぞれのお寺で200円上納して

スタンプを押してもらいます。そして、満願すると吉兆福笹が授与されます。

Img_2036_4Img_2031_5

Img_2033Img_2028


Img_2034


赤い塔は、瑜祇七福宝塔(ゆぎしちふくほうとう)で、中には大日如来と七福神が祀られています。

その隣の写真は、七福神の手水鉢です。

Img_2040Img_2037_2

2番目に訪れたのは、寿老人の宝生寺です。バスが3台くらい来て、境内は人だかり。お説教を聞ける状況ではありませんでした。この橋は渡れて、ちゃんと渡ってきましたよ。

Img_2041Img_2042

お昼休憩の後、3番目は毘沙門天の覚住寺。こちらもお堂には入れないくらい人が来ていました。

七つのお寺の中では、こちらが一番最古のお寺となります。

Img_2043Img_2051


Img_2044Img_2049

4番目は、恵美酒神の万福寺です。淡路の七福神はえびっさんを恵比寿ではなく恵美酒と書きます。

手水鉢には、竿を垂らしているえびっさんと水を出す鯛が置かれていました。

では、後の布袋尊、福禄寿、弁財天は其の2に続きます。